USJ&淡嶋神社『祟(たたり)』に日本人形協会が抗議!チャッキー涙目!

15周年やり過ぎ企画でUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が企画・展示している『祟(たたり)』

今年のハロウィンのメインイベントとして絶賛大人気公開中だったんですが、このイベントに途中から待った!をかける事態に発展しています。

フライデーがこの問題を記事にしているようですが、淡嶋神社に自分の人形を5000円の祈祷料を支払って奉納した女性が、USJの祟りに展示されている人形に自分の人形を見つけて憤慨されているようです。

しかも、日本人形協会がUSJと淡嶋神社に「お化け屋敷などで日本人形を展示しないように」求める抗議文を送付したと発表しました。

これを受けて、マスコミも世間の反応もUSJと淡嶋神社に批判の声が上がっているようですが…。

自分の意見を言わせてもらうと、「ええっ!今更!?」って感じですよね。(^_^;)

祟(たたり)って企画の段階から、淡嶋神社の本物の日本人形を使用するって事がわかっていたと思うので、なぜその段階で抗議しなかったんだろうって感じました。

そして、同じ人形であるチャッキーの立場は…




【USJの見解】

日本人形協会の「日本人形を恐怖の対象として扱っており、イメージを著しく損ねている。供養を目的に神社に奉納された人形を転用するのも問題がある」との抗議に対し、USJは「抗議文の指摘は法的な根拠に基づいたものではなく、アトラクションは予定通り続ける。ただ、貴重な意見として参考にしたい」と声明を発表しています。

さすがアメリカ発祥のテーマパークといいますか、この辺の事はきっちりアトラクションを企画する段階で、何かあった時に法的に対応できるかは確認してるんでしょうね。

そもそも、USJ側は淡嶋神社さんときっちり契約して借り受けてるんでしょうから、そこは問題ないのかなと…。

それにUSJの『祟(たたり)』が日本人形のイメージを悪くしてるんじゃなくて、昔っから日本人形はホラーの対象になるイメージが付いてしまっています。

だからこそUSJがジャパニーズ・ホラーの題材として扱ったのであって、そのイメージを日本人に植え付けたのは誰なのでしょうか?間違いなく日本のメディアですよね?



【淡嶋神社の見解】

淡嶋神社の見解といいますか、淡嶋神社はUSJに日本人形を提供する以前から、供養された日本人形に対してはこんな見解を示しています。



淡嶋神社さんのホームページのQ&Aで「髪の毛が伸びる人形があるとテレビ等で見ましたが、本当にあるのですか?又、なぜ伸びるのですか?」という問に対して

「本当にあります。人形は見てもらったり遊んでもらったりするために、生まれてきたのです。そのため、二兎に注目を集める為に何らかの奇怪的な事を起こすことがあります。悪いことを起こす人形はまず、ありません。」

と答えています。

そして、「人形は見られたり遊んでもらう事が供養になる」との姿勢を貫いているので、供養のために奉納された人形を一般公開し続けているのではないでしょうか。

どちらかと言えば淡嶋神社側は、人形は怖ろしいものだというイメージを無くしたい側に立っていると思います。

そして、淡嶋神社が供養人形をUSJに「こっそり転用して」と言われてますが、こっそりもなにも発表があった時点で淡嶋神社の供養人形を使うことがアナウンスされていたと思います。人形を供養した持ち主にはこっそりになったかもしれませんが。



問題になるとすれば、人形をお焚きあげして供養せずにそのまま一般公開していることが、神社なのに商用利用していると思われかねないところでしょうね。

そして今回の一番の問題点はここにあるような気がします。

続きを読む
posted by KOU at 14:57 | USJのハロウィン

【USJユニバ】祟(たたり)待ち時間を攻略!ネタバレも少しだけ…

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のハロウィンに今年から登場したJホラーエリア(ジャパニーズホラーエリア)の中心になるアトラクション祟(たたり)

人形神社の協力で、本当に供養された生き人形を使用するという”やり過ぎ”企画なので、これは絶対に参加してみたいですよね!




管理人は本当に悔しいことにまだ行けてないのですが、USJに行った時に絶対にアトラクションを体験できるように、情報だけは収集しました!(*°∀°)=3


そこで、祟(たたり)の待ち時間や待機中のコツなどをまとめてみましたので、参考になれば嬉しいです。



【祟(たたり)を楽しむためのコツ】

・待ち時間は平日30分、休日は120分が目安

気になる待ち時間ですが、平日のお昼過ぎとかでしたら、30分くらいの待ち時間で入ることができます。休日の場合は最大に混んで120分待ちがあるので、できれば平日に行かれるとほとんど待たずに体験できると思います。

アトラクションって普通は日中の方が混みますが、祟は日中がすいていて、日が暮れだすと混んでくるようです。というのも、18時を過ぎてからジャパニーズ・ホラーエリアの演出が始まりますので、日中でも夜でも祟の内容は同じですが、雰囲気はまったく違います。

なので夜の日が暮れてからのほうが人気があるという事ですね!

オススメは日中のすいている時にアトラクションを体験して、夜もう一度雰囲気を楽しみに行くのがいいと思います。



・待機列の場所は屋根がない

ジャパニーズホラーエリアは、去年もハロウィン期間中に解放された、普段はバックヤードとして使われているエリアです。

去年はエイリアンVSプレデターがあった場所なので、去年これに参加された方はわかると思いますが、待機列は屋根も何もない場所になります。

なので残暑厳しい日に行くと、もし日中に並ぶ場合はかなり暑いので気をつけてくださいね!そして、雨の日も待つ時にレインコートは必要になると思います。



・全部で3つのルート

祟(たたり)には入り口が3つあり出口もそれぞれ別になっています。つまり全部で3つの内容の違うルートがあるので、別のルートを選べば前回と違う恐怖体験ができるようです。

なので日中の30分待ちを狙って一度アトラクションを体験し、夜にもう一度別ルートを通るっていうのもいいかもしれませんね!

ただ、どこまで内容が違うのかはまだ情報が入ってません。最終的には同じ演出にたどり着くのかな〜という気がしています…。(^_^;)

続きを読む
posted by KOU at 14:48 | USJのハロウィン

【USJユニバ】トラウマ2はどうなる?最新の感想と口コミからわかった事

USJのハロウィンで最強に怖いアトラクションといえば、去年から始まった人の精神的な恐怖をひたすらついてくる最強最恐ハロウィンアトラクション「トラウマ」ですよね!

今年はさらにパワーアップして「トラウマ2」として蘇りました。

でもトラウマと同じくトラウマ2もまったく情報が出てこない!誓約書で中で起きたことをけっして話してはいけないと口止めされているので、中で起きた恐怖体験もあって皆さんお口にチャック状態です…。

ちなみに去年のトラウマの内容を元に、あくまでフィクションの小説にした記事はこちらです。
⇒トラウマ最恐実験病棟の体験記『1の部屋』



さて、去年のトラウマを体験した方にとって気になるのが、今年は”どれだけパワーアップしたのか!?”と言う事ですよね。

そこで、明らかになっている2つのワードだけを元に考えてみましょう!



【トラウマ2は最新装備を使用!?】

トラウマ2では、この2つのアイテムが使用されるとのことです。


・デッドマンスイッチ

・VRヘッドマウントディスプレイ



まず「デッドマンスイッチ」とは失神や急激な体調の変化のおそれがある人物にもたせて、異変があった時にスイッチを押すか離すかしてもらって、すぐに緊急事態に対応できるようにする為のものです。

つまり、失神する可能性があるほど怖いよってことだと思います…。(^_^;)

そして「VRヘッドマウントディスプレイ」ですが、これはUSJではきゃりーぱみゅぱみゅのXRライドで使われていたものの転用かなと思います。

目を隠すように装着して、まるでリアルな世界で起こっているような3D映像を装着者に見せる装置です。

これをずっと装着しているのかはわかりませんが、完全にリアルを超越した演出が行われるようです。




ただ、ここでTwitterでつぶやかれている感想を見ていると、「今回のトラウマ2の内容は前回と全く違う」という事と「前回のトラウマの方が怖くて面白かった…」という感想があるんです!

続きを読む
posted by KOU at 14:26 | USJのハロウィン


目次

USJ知っ得情報

SUPER NINTENDO WORLD

ミニオンパーク情報

ジャンプサマー&フェスティバル

クールジャパン情報

ユニバーサル妖怪ウォッチフェスティバル

フライングダイナソー情報

ハリーポッター情報

エクスプレスパス情報

USJのアーリーパークイン

USJのホテル情報

USJの駐車場情報

USJの服装

バリアフリー情報

  • USJを車イスで楽しむには?
  • USJのオススメお土産

    USJのハロウィン情報

    USJのクリスマス情報

    USJのカウントダウン