【USJ】車椅子でユニバを楽しむ方法!障害者手帳で優待を受けるには?

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)では、障害を持っているゲストが目一杯楽しむことができるように、様々な配慮がされています。

ここでは、ユニバで障害を持っている方が楽しむための情報をまとめましたので、参考になれば嬉しいです。

1af7d519f24fb5bd3036a78bc1763086_s.jpg


【パークに入場するまで】

【駐車場】

駐車場には、パーク入り口により近い場所に、車椅子の昇降がしやすい車いす用パーキングエリアが用意されています。

通常、そこには案内されないようになっていますので、必ず料金所で障害者手帳を提示してください。そうすると、スタッフが障害者ゲスト用の区画に案内してくれます。

ただし、駐車料金の割引はないので気をつけてくださいね。

また、車椅子をレンタルする場合は、料金所でその事を伝えると、車が停まる駐車スペースまで車椅子を持ってきてくれますので、ぜひ活用しましょう!

長時間の運転でUSJにたどり着き、すぐに車椅子用のトイレを利用したい場合は、料金所に車椅子用トイレがあるので申し出ればOKです!


・障がい者用駐車区画は料金所で身体障害者手帳を提示。

・料金所で車椅子レンタルを伝えれば駐車スペースまで持っていてくれる。

・料金所には車椅子で利用できるトイレあり。



【レンタル車椅子】

車椅子のレンタルは、エントランスを入って右手でレンタルを行っています。

1台500円でレンタルでき、たくさんあるようですが数に限りはありますので注意が必要です。

先程も書きましたが、駐車場を利用する場合は料金所で伝えれば、駐車スペースまで持ってきてくれます。

レンタル料金:500円

車椅子のサイズ:持ち手部の高さ100cm×座る部分の高さ44cm×横幅64cm





【パークに入場したら】

【まずはサポートシールをもらおう!】

パークに入場したら、ゲストサービスで「サポートシール」をもらいましょう!



サポートシールには「障害がある方用」「聴覚に障害がある方用」の2種類があり、それぞれカラーが違います。

このシールを胸などの見えやすいところに貼っておくと、クルーさんが積極的に声をかけてくれるので助かります。

あまり声をかけてほしくないという方は貼らなくていいと思いますが、デザインが可愛いので記念にもらっておくのもいいかも!

ただ、このシールを貼っているから優先的に入場できるなどの特典はありませんので注意してくださいね。





【ゲストサポートパスについて】

障害を持っていてパーク内のアトラクションに長時間並ぶのが難しい場合は、ゲストサポートパスを利用しましょう!

これは優先入場ではありませんが、アトラクションの待ち時間を予約して、パーク内の好きな場所で待っておく事ができるサービスです。ディズニーのファストパスみたいな感じだと思ってもらえばいいです。

発行場所:ゲストサービスまたは各アトラクション入り口

発行対象:長時間並ぶのが困難な理由を持つ本人とそのグループ

必要な物:利用する方全員の当日のスタジオ・パス

使い方:利用したいアトラクション入り口でゲストサポートパスを提示する。


これを利用する場合、待っている間は実際に並んでいるとみなされるため、他のアトラクションを利用することができません。なのでその間は、お土産物を見るとかパレードを見るとかすればいい感じで時間を潰せます。

ゆっくり休憩する場合は、こちらの情報も参考にしてください。

⇒休憩場所ならここが穴場!暑い時・寒い時いつでも便利!



【車いす用トイレ】

パーク内の化粧室には、すべてに車椅子用トイレが設備されています

車椅子用トイレには手すりが取り付けてあり、便器をはさんで壁側の手すりは固定式、反対側は上へ跳ね上げる可動式の手すりです。



【大人おむつ用介護ベッド付きトイレ】

パーク内の一部のトイレには、大人用おむつを交換するための介護ベッド付きトイレがあります。

場所は以下の4ヶ所になります。



・スタジオギフト・ウエスト側(コインロッカー前)

・ワンダーピックス並び(ルイズ N.Y. ピザパーラー奥)

・メルズ・ドライブイン横(アニメ・セレブレーション横)

・アミティ・ランディング・レストラン横



【オストメイト用トイレ】

人工肛門や人工膀胱を造設されている方の為のオストメイト用トイレもあります。

場所は以下の2ヶ所になります。



・スタジオギフト・イースト裏(コインロッカー前)

・SAIDO横



【車椅子で利用できるアトラクション】

車椅子使用者でも利用できるアトラクションは以下のとおりです。

車椅子のまま利用できるトラクションや、ライドへ乗り換えが必要なもの、自力歩行で乗り降りが必要なものなどがあります。


【車椅子のままでOK!】

・ウォーターワールド
・アニメ・セレブレーション
・ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー
・ターミネーター 2:3-D
・セサミストリート 4-D ムービーマジック
・シュレック 4-D アドベンチャー



【付き添いが必要】

・バックドラフト



【途中の階段で自力歩行が必要】

車椅子で参加できますが、途中の階段の昇り降りは自力歩行が必要で、車椅子を持って階段を移動できる人員も必要です。

・ホグワーツ・キャッスルウォーク



【車椅子からライドへ乗り換えが必要】

車椅子でライドのそばまで行けますが、そこからライドの座席に乗り換えが必要なアトラクションです。

・モッピーのバルーン・トリップ
・エルモのゴーゴー・スケートボード
・ハローキティのカップケーキ・ドリーム
・フライング・スヌーピー
・ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・スペース・ファンタジー・ザ・ライド
・フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ
・ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー



【所定の車椅子への乗り換えが必要になるかも】

使用されている車椅子の形状によっては、所定の車椅子に乗り換えが必要になるアトラクションです。

・ビッグバードのビッグトップ・サーカス
・ジョーズ



【自力歩行でライドへの乗り降りが必要】


サポートが無くても自分だけの歩行で座席に乗り降りできる必要があるアトラクションです。

・エルモのバブル・バブル
・スヌーピーのグレート・レース
・エルモのリトル・ドライブ
・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド ※バックドロップも
・ザ・フライング・ダイナソー
・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D



以上、車椅子でUSJを楽しむための情報まとめでした。

車椅子と言っても、乗っている方がどれだけ自分で動けるかで遊べるアトラクションが変わってきます。

どこまで大丈夫かは、現地でアトラクション・クルーに確認するのが一番早いので、どんどん聞いちゃってくださいね。(*^_^*)


posted by KOU at 11:28 | USJ知っ得情報


目次

USJ知っ得情報

SUPER NINTENDO WORLD

ミニオンパーク情報

ジャンプサマー&フェスティバル

クールジャパン情報

ユニバーサル妖怪ウォッチフェスティバル

フライングダイナソー情報

ハリーポッター情報

エクスプレスパス情報

USJのアーリーパークイン

USJのホテル情報

USJの駐車場情報

USJの服装

バリアフリー情報

  • USJを車イスで楽しむには?
  • USJのオススメお土産

    USJのハロウィン情報

    USJのクリスマス情報

    USJのカウントダウン