USJ【トラウマ〜最恐実験病棟〜】ネタバレ感想※極上サイコホラーに感動!

USJのハロウィン・ホラーナイトで大注目のアトラクション、『トラウマ〜最恐実験病棟〜』を体験してきました!

 USJ トラウマ

Twitterなどでは早くも一部内容のネタバレ感想が発覚していましたが、自分で体験してきたものはそれ以上でしたね…。(^_^;)

そして、一部のネタバレ体験や感想にはデマも含まれているとわかりました。

管理人もトラウマのネタバレ的な感想を書こうか迷いました。というのも、このアトラクションは始まる前に誓約書を書かされます。

誓約書の画像は後で紹介しますが、中でどんなことが起こってもUSJは一切の責任を負わないという内容で、しかも中で起こった秘密は漏洩してはいけない、というものです。

でも、私もそうでしたが『チャッキーのホラーファクトリー2』や『エルム街の悪夢』でさえホラーレベル4なのに、『トラウマ〜最恐実験病棟〜』はホラーレベル歴代最高の10で、しかもR-15指定…。

しかも誓約書でいかなる責任も負いませんって、そこまで言われるとある程度内容がわからないと、参加したくても自分が参加できるレベルなのかわからないですよね?(^_^;)

そんな方の為に、今回はネタバレというよりあくまでも自分の感想をお伝えするのと、このアトラクションを元にしたフィクション小説を書いてみました。これで各自、参加可能か判断材料にしてみてください。



【トラウマ〜最恐実験病棟〜の体験日記】
トラウマは場所で言うとステージ18。USJに入場してアーケードに入ってすぐ左に入った所で行われていました。たしかクール・ジャパン開催時には進撃の巨人の展示会をしていたところですね。



集合は開始時間の15分前までに来てくださいとなっていたので、ドキドキしながら現地に向かうと、建物の左手に白衣を着たスタッフさんが…。

 USJ トラウマ

スタッフさんは、まだ全然にこやかです…。

話を聞くとココは出口という事で反対方向へ向かいましたが、その途中には泣いてしゃがみこんでいる女性が数名…。内心(うわ〜まじか…)と思いつつ進むと皆さんが入っていく入り口が。

 USJ トラウマ

自分も入ると、どうやらここは妖怪ウォッチの抽選会場みたいでした。(^_^;)
迷うこと数十秒…妖怪ウォッチの入り口のすぐ左手に白衣を着た人が立っていてそこが入り口でした。

 USJ トラウマ

上部のモニターにトラウマの映像が流れていましたが、人が全然いないのでかなり気付きにくかったです。というか、ワザとわかりにくくしている感じがしました。

 USJ トラウマ

白衣のお兄さんにQRコードチケットを見せ、誓約書を渡されたので内容を確認しサイン。

 USJ トラウマ

サインが終わり次第、誓約書以外の全ての持物、かばん、スマホ、財布、時計でさえも、ロッカーに預けるように指示されます。ロッカーはこれくらいの大きさで充分広くてもちろん無料でした。

 USJ トラウマ

ゴムバンド付きのロッカーの鍵は、腕じゃなくて肩まで上げるように指示を受け、誓約書を回収されてから壁際に待機。どうやら8名ほどで他の人と団体行動になるようでした。

私は今回は1人で参加で、他にはお互いカップルっぽい4人組と友達同士の女の子2人、1人で参加の年配のお父さんの8人組でチームを組むことに。

ここまで白衣のスタッフさんは普通に笑顔で優しい対応だったんですが…。

待っていて、どこから入るのかな〜と思っていると、壁に備え付けの物資搬入口のような鉄の扉が開いて、「お待たせしました、こちらからお入り下さい。」との言葉。

 USJ トラウマ

※ここからは撮影絶対ムリなので写真はありません。

こんなところから入るのか…と思う暇もなく、薄暗い部屋の中で白衣の看護師スタイルの人に「早く並べ!」等の罵声を浴びせられ、いきなり先制パンチをお見舞いされました…。(T_T)

こちらは、お金を払っているお客様でアトラクションを体験している存在…。

まずはその常識を破壊すべく、ありえない罵声と、ドンッ!と耳元の壁を強く叩く威嚇行為で、自分が精神病患者で看護師の言いなりにならないといけないという設定に引きずり込まれます。

看護師の命令に対してきっちり声にだして返事を強要されますが、自分は返事をしないで頑張ろう、と思っても返事をしてしまうと思います。これ、心理的仕掛けがされてると後で気付きました。(^_^;)

そして、ここからいろんな精神的な実験に被験者として参加させられる事になりますが、まるで囚人のように両手を拘束され汚れたゼッケンを付けて、ロープ1本に8人がくくられての行動になります。

こんな体験は、自分が犯罪を犯して捕まるか、かなりブラックな精神病院に入るかしないと体験できませんよね。そういった意味では本当に貴重な体験ができます。

ここから、たくさんの実験に立ち会わされますが、詳しい内容は、これからトラウマに参加される方の為にここでは明かしません。

参加できないのでどうしてもどんな内容か知りたい!という方は、他に洩らさないと約束できる方のみ、こちらの記事をお読み下さい。

トラウマに参加した経験を元に、あくまでもフィクションとして小説風に書いてみました。
⇒参加できない方のみ!『トラウマ〜最恐実験病棟〜』の真実

これからトラウマに参加する可能性のある方は、本気であなたの為を思って言いますが、「絶対に読まない方が楽しめます。」

この『トラウマ〜最恐実験病棟〜』は日本ではたぶんUSJでないと実現できない、作りこみがハンパないアトラクションです。

一瞬で非現実的なサイコホラー映画の世界に引きずり込まれます。

誓約書に書いている内容に同意できる方は、基本的に参加できると思います。ただ、やっぱり女性は泣いてしまう可能性はありますし、カップルや家族で弱い自分を見せたくない人が一緒なら、参加は考えなおしたほうがいいかもしれません。

それでも、私がこのアトラクションを体験した直後の感想は…

「凄かったな〜!でも最後のあれ一体どうなったんだ!?えっ、確かに最初はあれで…でも最後は…う〜ん、どんなトリックだろ…。確認したいけどもう一回は絶対体験したくないな〜。でもこんなの死ぬまでに絶対できない体験やったな!価値あったわ〜。あんな本物使ったら怖いに決まってる…」

でした。(ちなみに本物とは噂になってる虫だけではありません…)

私的には大満足で、参加して後悔はまったくしていません!

ぜひ、このハロウィン期間中にUSJを訪れる方で16歳以上の方は、この極上のサイコホラーの世界を体験してみてくださいね!

できれば、体験した後に残る違和感、このアトラクションに仕掛けられたトリックにも挑戦してみてください。

これを体験すると、サイコホラー映画を観ても、「このシチュエーション体験済み(笑)」って楽しめなくなるかもですが…。(*^_^*)
posted by KOU at 21:25 | USJのハロウィン


目次

USJ知っ得情報

SUPER NINTENDO WORLD

ミニオンパーク情報

ジャンプサマー&フェスティバル

クールジャパン情報

ユニバーサル妖怪ウォッチフェスティバル

フライングダイナソー情報

ハリーポッター情報

エクスプレスパス情報

USJのアーリーパークイン

USJのホテル情報

USJの駐車場情報

USJの服装

バリアフリー情報

  • USJを車イスで楽しむには?
  • USJのオススメお土産

    USJのハロウィン情報

    USJのクリスマス情報

    USJのカウントダウン